上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 採血の検査結果が出た。
 当初は、疲労と睡眠不足が重なったために症状が出てしまっただけで、まあなんとかなるだろうと高を括っていた僕だったが、そんな僕に医者は不吉な答えをもたらした。
「薬剤の血中濃度が低いですね」
 医者の第一声がそれだった。
「えっ?」
 医者の言葉に一瞬僕は停止する。
 考えられていたケースだし、三段論法で導けばその通りなのだろうけれど、それでも僕は驚いた。
 僕の心にインクの染みのように不安が広がっていく。
 これはちょっとまずい展開ではないだろうか。
 僕もバスで隣に女子高生に座られた際に、おもいっきり身体を逆方向へ反らし、無理な体勢を維持した挙句に、背中が筋肉痛になったりはしないくらいには甲斐性があるつもりである。
 おそるおそると医者に質問してみた。
「どこか悪いところがあるのでしょうか?」
 それに対する医者の解答は実に簡単なものだった。
「薬の吸収率には個人差がある」とのこと。
「えっ?」
 なにその深夜のテレビショッピングの前置きみたいな説明。
「うん、薬を少し増やそうかな」
「はあ」
「でもこの薬、大きくて飲み辛いって言う人もいるんだよね。どうかな?」
 僕の飲んでいる薬はチョコボールくらいの大きさである。
「大丈夫だと思います」
 というか、救急車で病院直行よりも、飲み辛い薬がやだ、と言う人がいることに逆に驚く。
 世の中、上には上がいるものだ。
 医者の質問にいろいろ答えて話が落ち着きかけた頃、彼が衝撃の一言を放った。
「じゃあ薬は倍にしましょう」
「…………………………」
 さすがにドン引きする僕。 
 全然少しじゃないではないですか。
 薬ってそんな簡単に増やしていいものなのか。
 身体へのダメージや副作用は大丈夫なのか。
 保険がちゃんと適用されるのか(前回がアレだったので)。
 そういうわけで、僕の薬の服用が朝夕寝る前の1-1-1から、2-2-2へとランクアップしてしまった。
 最終的にはサッカーのフォーメーションみたいになってしまうのではないかと不安である。
 
 
 拍手してくださる方、ありがとうございます。
 
追記にて、
 ロコさんにコメント返信があります。
 
 

スポンサーサイト
10/30|日記コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。