上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

 ミッション「百獣の王キマイラを討て!」

 5階にいるボス「キマイラ」を倒すミッションである。

 5階の奥の部屋へ足を踏み入れた瞬間、ユウツキたちは辺りを満たす殺気に戦慄を覚えた。

 殺気は一つや二つではない。

 間違いない。

 ココニイル。

「オーケー、オーケー。殺ってやるぜ」犬歯をむき出しにして笑うユウツキ。

 幸い相手は、合成獣といっても、生物の内臓をぐちゃぐちゃにかき回してかき集めたフレッシュゴーレムタイプではなく、普通の幻獣タイプ。メンタル面でのダメージは大きくはない。

 キマイラはハンパではない強さで、死にかけるユウツキたち。

 しかし苦戦しながらも、あと一押しのところまでキマイラを追い詰める。

 だがキマイラの咆哮で、そこに更なるモンスター「獣王のしもべ」が参入してきた。

 ぽっこんぽっこん現れる獣王のしもべ。

「風呂場のきのこっすかー」イータが毒づく。

 ザコには構わずキマイラを集中攻撃してなんとか倒したユウツキたちだったが、更にぽっこんぽっこんやってくる獣王のしもべ。

 ウゼェ。

 普通ボス倒したら終わりではないのか。

 最後の一匹を倒し終えると、

「いや、強敵でしたね」とジミーが言った。

「お前、何してたんだ?」あからさまに不機嫌そうに目を細めるユウツキ。

「一緒に戦ってましたよ、僕どんだけ影薄いんですか」

「やはり四人ではキツかったですね」ガンこがイータに言う。

「何でナチュラルに僕無視するんですか」

 とにかく、キマイラを倒したユウツキたちは腰を下ろした。

 満足感と心地良い疲労に包まれていると、どこか遠くから獣の遠吠えが聞こえた。

 それはフロースガルの犬がいた方向だったかもしれない。

 街に戻ったユウツキたちは、公宮にキマイラを倒したことを報告しにいった。

「感激しておる」と大臣は言った。

 今回の公国からの報酬は1500円だった。

 …………。

 微妙。

 いや、一応以前の三倍の額の報酬は嬉しいのだが、なんか素直に喜べない。

 こっちは命がけで公国の脅威を取り除いたのだ、もう少しくれてもいいんじゃないですか。

 しかし微妙な顔をするユウツキとは対照的に、クリスティは満面の笑みで大臣に握手を求めた。

 大臣の手をしっかりと握り、礼を言うクリスティ。

「ありがとうございます。これで肉まんを15コ買えます」

「って、全部食費にするっすかー」

 イータのチョップがクリスティの後頭部にヒットした。

スポンサーサイト

02/01|世界樹の迷宮2コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。