上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 夕方駅の近くを歩いているとおばあさんズ(複数形)に道を訊かれる。
「駅はどっちですか?」
「え、ええと……あっちの道を右に曲がってもらえばすぐだと思いますよ」
 本当に駅の近く、およそ徒歩3分で駅に着こうかという場所での質問に僕は苦笑を浮かべた。
 僕の位置からは普通に高架が見えるのである。
 ゴトゴトと音を立てて電車が右から左へと走っていく。
 おばあさんはどうやら僕の説明に集中しているらしく、ほうほうと相槌を打つだけで音に気付いてはいないようだ。
 後ろを見ようぜ、などとは口が裂けても言えない僕、一人霞んだ三日月のようにぎこちない笑みを浮かべるだけである。
 どうやってこの会話を終わらそうかと僕が考えているとおばあさんは次なる質問を僕に投げかける。
「買い物ってできますか?」
「……え、えと、外ではできませんが、構内に入ってもらえれば普通にできますよ」
「そうですか、有り難うございます」
「はあ」
 そう言うとおばあさんは僕の横を通り抜けて行った。
 その方向は駅とは間逆である。
 ちょっ、と待って。
 なんで駅の場所訊いておいてそっち行くの?
 もちろんどこへ行こうがそれはおばあさんの勝手だけれど、僕としては散った初恋みたいな切ない気分になる。
 そういうのはできれば僕のいないところでやって欲しかった。
 という残念な結果に終わってしまった道案内だったが、人にものを尋ねられるくらいには僕は終わってはいないようなので、少し満足する。
 でも悲しいけど。
 
 追記にて、
 ハタハタさんにコメント返信があります。

 

>ハタハタさん
コメントいつもありがとうございます。
返信が遅れてしまい申し訳ないです。
焼きそばについて。
なんと目玉焼きが乗るとは、知りませんでした。
同じ料理でも地方では微妙に違うのでしょうか。
小説について。
僕の書くテキストはゲームを進めることが前提条件となっているので、ゲームに詰まると更新できません。
しかし、サクサク進まれてもそれはそれでネタがないという事態に陥り、これまた更新できなくなってしまいます。
どこかに安定してゲームを進めてくれる人はいないかしら。
 
スポンサーサイト
05/19|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。