上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 先日、財布を見失うというとても悲しい事件が起こった。
 思い当たる節があったのだが、残念ながら失くすということにおいては《いつ》よりも《どこ》が重要なファクターである。
 それでも当日の行動を頭の中で再現してみればある程度は失くした場所を推測することができるだろう。
 その日僕はお父さんに車を車検に出すから荷物を降ろせと言われた。
 僕は急なことだったので11月のリスの如くばたばたと自分のものを両手に抱え車から降ろした。
 このとき僕は財布を失くしたのだと思うし、事実それは正解だった。
 自分の部屋と、居間と車の間を行ったり来たりする。
 その過程でどこかに落としたのだろう、と当たりをつけ自分の部屋と居間、そして車検から返ってきた車の中をくまなく探す。
 見つからない。
 だが、他に僕が財布を持った状態で出入りする場所はない。
 僕は財布を落とすリスクを考え、常日頃からクレジットカードや保険証などは持ち歩かないし、お金もそんなに財布に入れないので今回は一万円とエディ5千円だけの被害で済んだ。
 それでも、ツタヤのカードや病院の診察券、その他もろもろを再び作り直すことを考えるとさすがにうんざりしてくる。
 僕は玄関に座り虚ろな目で外の風景を見ていた。
「ダメージ、でかいよなぁ」一人呟く。
 こうしていても埒が明かないので、僕はため息を吐き立ち上がると外へ出た。
 今度はぼんやりとポストを見る。
 それで何かが変わるわけではないけれど、でも何かが変わった。
 ポストの隣に黒い塊が置いてあった。財布だった。
 僕の頭を閃光が走り抜けカチン、と音がした。
 積み上げられてきた疑問が全て繋がって僕は全てを理解した。
 僕はドアを開けるため両手に持った荷物をいったんポストの横に置く必要があったのである。
 そのとき一緒に財布も置いた。
 ドアを開けたときには僕は荷物を片付けることで頭がいっぱいだ。
 そしてきれいに財布だけ忘れた。
 そう、僕が財布を持って通り抜ける空間には自分の部屋、居間、車の他に、玄関があったのだ。
 失くしものなんて気付いてしまえばとても身近なところにあるものですが、当事者としてはそのことに気付けない。
 こういうのは人間関係にもいえることかも知れません。
 
スポンサーサイト

05/28|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。