上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 樹海の道なき道の奥、人が未だ踏み入れていないであろう場所へマチカゼ達は進んでいく。
 蒼い岩と蒼い珊瑚の壁を越えた先でオランピアの姿を発見した。
「tookie……、まだ樹海を進み深都を目指すつもり?」
 オランピアは冷たく感情のこもらない口調でマチカゼ達に言葉を投げかける。
「……命が惜しくば帰って。深都を目指すことは死を意味する」
 言葉に合わせ、オランピアは空に向かって手を上げる。
 その動きに合わせ珊瑚礁の奥から、一匹の魔物が現れマチカゼ達と少女の間に割り込んでくる。
「私は無益な死は望まない」
「よく言うぜ。自分から古代魚の巣の場所教えて、罠にハメてる奴がよ」
 普段の軟派な態度のまるでないハルイロが刺々しく言った。
「けれどあなた達は忠告を無視しここまで来てしまった……」
 少女の手が振り下ろされるのを合図にして深海の殺戮者が飛び掛ってきた。
 魔物の鋭い爪をかいくぐりハルイロは至近距離から同じ場所に的確に銃弾を打ち込んでいく。
 そのさまを見てマチカゼは歯噛みする。
 (いつもの戦い方じゃねえさ)
 前衛に銃士をおくフォーメーション自体はさして珍しいことではない。
 しかし、銃士を単独先行させるのはデメリットが多過ぎる。
 銃というのは銃口の向いている一方向にしか攻撃できない武器なのだ。
「左右に展開。陽動頼むさ」
 マチカゼはシルヴィアにアイコンタクトし指示を出す。
「任せろ」
 シルヴィアは左回りにポジションを取り弓矢を放った。
 マチカゼはハルイロをスクリーンにして右から駆け寄ると、ハルイロの隣に並び彼のわき腹を蹴り飛ばし敵から無理やり距離を取らせた。
「冷静になるさ」
 ハルイロは立ち上がるために腕をつき、
「こんなことしてもなんにもならないことは分かってんだよ。やつあたりだってことも。でも何もしないで見てることなんてオレにはできない。カナエちゃんが、カナエちゃんが……」と呟く。
 血を吐くように苦しそうにそう呟いた。
「ハルイロ、復讐の先に待っているのは絶望だけだ」
 弓矢で遠距離から牽制しながらシルヴィアが言った。
「……かもしれないなあ」とハルイロはひとりごちる。
 マチカゼのヒットアンドアウェイとオメガのディフェンスで、二人は深海の殺戮者を翻弄する。
 オメガが大盾で爪による攻撃を受け流し、マチカゼは全身のばねを使って剣を薙ぎ魔物の首をはねた。
 あっけなく魔物は死んだ。
 敵を倒し脱力したハルイロの手から銃が滑り落ちどさり、と音を立てた。
 
  next

スポンサーサイト

06/12|世界樹の迷宮3コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
ちわー!ゲーム進んでますか?今作ってるゲームですが、今度出たゼノブレードのシステムともろに名前がかぶっていて、自分のセンスの良さと、まねっこになってしまうかなあ、とちょっと心配です。あと二ヶ月くらいで完成予定です。
http://ameblo.jp/seraphgames/
From: ハタハタ * 2010/06/12 02:10 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。