上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 親戚の人に焼肉屋に連れて行ってもらった。
 毎回僕に混沌をもたらすあのおじさんである。
 前回、あまりにも不毛な時を過ごしてしまったので今回は「とある魔術の禁書目録」を携帯することにしたのだが、本を読み出すきっかけがつかめず結局読むことができなかった。
 しかし、お店は僕の家からそれほど遠い場所ではなかったので、たいして移動に時間がかからなかったので許容の範囲内だろうか。
 晩御飯には早めの時刻にお店に入ったので並ばずにすんだ。
 インサイドの個室に通される。
 五人で来店して通された部屋に割り箸と取り皿が四組しかないという悲しい事態に僕だけハブられているのではないか、と負の妄想が暴走するが注文を取りにきたアルバイトのお姉さんにお願いすると皿と箸はちゃんと貰えた。
 とりあえずドリンクを注文するシステムだったため一同は注文を始めた。
「オレンジジュースを」
「ウーロン茶を」
「黒ウーロン茶を」
「同じものを」
 僕だけ優柔不断みたいな空気が場に広がる。
 飲み物を持ってきたお姉さんに今度はメニューを訊かれる。
 おじさんが適当に頼んでくれたので楽だった。
 ご飯の量だけ訊かれたのでそこはいらないです、と言っておいた。
 僕はご飯を独立した存在として定義している人間なので、おかずがなくてもご飯が食べられるし、逆にご飯がなくともおかずが食べられる。
 料理を満遍なく食べるのではなく、出された順に片っ端から食べていくといったルネッサンス的な食事法を採用しているのである。
 よくその食べ方で美味しいのか、と訊かれるが、僕としては味が混ざってしまうので一個ずつ食べないと嫌なのである。
 別に白ご飯はいつでも食べれるけど、カルビはたまにしか食べられないのでここでたくさん食べておこう、などと考えてるわけではないのですよ。
 肉が来た。
 取り皿にタレを入れ何たらじゃんをさじで限界まですくい入れ、そしてもう一回すくって入れ混ぜる。
 限界とは超えるためにあるものなのである。
 どうしてその熱い思いを建設的に現実に適用できないのか?
 世界七不思議のひとつですね。
 途中、育てた肉を食べられたり、海老の頭を取るときに火傷したり、全体的に黒いものを勝手に皿に入れられたりした。
 そして、牛タンが僕の下へと回ってくる。
 僕は牛タンが苦手なのだが、
「もういいから食べてよ」と女性に言われた。
 もういいとはどういうことなのか。
 その女性が別のお肉を食べながら言ってきたことに、いささか疑問を感じるも、僕は頷いた。
 牛タンを焼こうと思い焼き網に乗せようとしたのだがこれが難しい。
 みじん切りのねぎが普通に乗せようとするとこぼれてしまうのである。
 どうすれば綺麗に乗せられるのかを考えた結果、クレープのように折りたたみねぎを包んで乗せれば大丈夫だということに気付く。
 焼きあがった牛タンをレモン汁で中和しながら食べた。
 他のお肉は全体的に美味でした。
 そしてその斜め上を行く戦慄の梅マヨきゅうり。
 今度家で作ってみようかしらん。
 
 追記にて、
 ハタハタさんにコメント返信があります。

>ハタハタさん
 いつもコメントありがとうございます。
 ハタハタさんにそう言っていただけて光栄です。
 確かにキャラクターの把握とかができるようになってきたのかもしれません。
 僕の場合文の切れよりもネタの切れの方を重視する傾向にありますが(笑)。
 
スポンサーサイト
06/14|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。