上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 友人宅で一晩を明かした僕。
 緊張していたためか布団に入ったのが12時過ぎだったにもかかわらず、朝の6時に起床する。
 朝ごはんを食べて遊びに出かける。
 待ち合わせをし、他の友人と合流。
 いろんなところに行きいろんなものを見る。
 都会の人口密度の高さに驚き、思わずバングラディシュを連想してしまうも、それが古いデータだということに気付く。
 僕が中学生のときは世界一人口密度が高い国はバングラディシュでした。
 今はどうか知らないけど。
 移動手段が電車だったので、暗号のような複雑怪奇な構内の見取り図を見るが全く分からない。
 とりあえず友人の後についていくことにした。
 その後、カラオケに行くことになった。
 人前で歌うのが苦手な僕はなるべくなら違うところがよかったが、ノリ
とかそういうのがあるので自己主張を控えることに。
 皆が歌い、僕の番がくる。
 マイクが渡された。
 ここは歌わねばなるまい。
 しかし、ここで僕は閃く。
 そうだ、友人達にはこのブログを見られているのである。
 それに比べれば歌うことなど些細なことではないか。
 以外にも、へたくそながらも歌を歌った僕の胸のうちにドキドキ感が湧き上がってくる。
 ヤバい、これけっこう楽しいかも。
 どうやら僕も、新たなる性癖に目覚めてしまったのだろうか。
 楽しい一日が終わり、僕の帰る時間が訪れてしまったので、友人達と別れ僕は一人東京駅に向かった。
 途中で迷いまくり駅員さんにどこに行けばいいのかを何度も尋ね、何度も謝る。
 日本という法治国家においてははい、いいえ、すいませんの三つさえ言えれば意外となんとかなるのである。
 受付に行ってムーンライトながらの指定席券を購入しようと思ったのだが、完売とのこと。
 6時間くらい駅で時間を潰さねばならないという現実を前に僕の心は折れてしまった。
 もうこの際だから新幹線で帰ろう。
 諦観にも似た思いで急行の切符を買った。
 運賃が意外に安く、1770円だった。
 これなら最初から急行で来ればよかった。
 僕が停まっている電車に乗り込み自分の予約した席に座りぐったりしていると、発射間際に車掌の人がやってくる。
 切符を見せろと言われた。
 僕が見せると、それは指定席券なので別に運賃がかかるとか言われる。
 指定席を予約し、もう帰る気満々の僕はやっぱり降りますと言えるはずもなく、言われるままに切符を買った。
 疲労のためかもうだいぶアレになってきているのである。
 帰りの費用は全部で8000円くらいかかった。
 そして、最後にバスにも乗り間違えた。
 いろんなものを失くしてしまった感があったが、僕の心にはもっと学生時代に遊んでいればよかったという思いが残っていた。
 
スポンサーサイト

09/04|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。