上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

 お姉様からの呼び出し

 ヒデオは目覚めるとフェンリル極東支部の医務室にいた。
「おっ! 起きた起きた。身体、大丈夫?」
 ベッドサイドのパイプ椅子にコウタは座っていた。
「……なんとか大丈夫みたいだ。僕はどうしてここに……」
「ああ、あれから大変だったんだぜ。ぐったりしたアンタをここまで連れてくるの」
「そうか、悪かったな」
「まあ、そんなことはいいや」コウタは嬉しそうに言う。「アンタが起きたら一緒に教官のとこにつれてくるようにって言われててさ。きっとあれだぜ、新人二人で金剛倒したからボーナスもらえたりっ! テンション上がるよなー!」 
 一人はしゃぎだすコウタ。
 ヒデオはベッドから起き出し患者衣から着替えようとしたとき、右胸の痛みに顔を歪めた。
(結構ダメージが大きいか)
 着替え終わったヒデオはコウタと共に病室を後にする。
 ツバキの部屋の前に立ったヒデオはドアをノックした。
 二回、呼吸ひとつ分間をおいて三回。
「誰だ? 用があるなら中に入れ」
 失礼します、と言ってヒデオはツバキの部屋の中に入った。
「何か御用ですか教官?」コウタが尋ねた。
「ああ、前回のミッションのことだ。よく二人で金剛を倒せたな。よくやった、私も正直少し驚いたよ。それからヒデオ、折れた肋骨は内臓を傷つけてはいないそうだ、幸運だったな」
「今年のルーキーは相性が抜群なんです」
 コウタは大げさに胸をはる。
「そこでだ、お前達の階級を新兵から上等兵に昇進させることにした」
「やったっ。昇進ってことは当然給料もアップですよね? ヨッシャー、これでバガラリーのDVDが買える。教官、ありがとうございます」
 ツバキは鬱陶しそうに顔にかかった前髪を払った。
「これでいい気にならずに今後も努力しろ。お前達の双肩には地下居住区の人達の命がかかっていることを忘れるな」
 ヒデオは二人の会話をぼんやりと聞いていた。
「藤木上等兵、もう下がっていい」
 はい、とコウタは元気よく頷き退室した。
 ガチャリ、とドアが閉まるのを確認してからツバキはヒデオの前まで歩いてきて、
「よかった」とヒデオの目を見て言った。
(これが世間に蔓延しているクーデレというやつですか。ついに僕にも春が来たよ)
 それからツバキは強引にヒデオを自分の方へと引き寄せ、
 思い切り腹を殴った。
 ぐ、はっ。
 ヒデオの吐息が漏れる。
「何で殴るんですか? それについさっき内臓がどうとか言っていたじゃないですか」
「どうして殴られたかよく考えてみろ。お前なら分かるはずだ。いや、既に分かっているはずだ」
 ヒデオの瞳が紅に染まっていく。
「確かにそうかもしれません」
 ヒデオは既に解答を知っていた。
 それは初めからそこにあったものだった。
 始める前からそこにあったものだった。
「先のミッションでの作戦行動のことですね」
「その通りだ。ログを見させてもらった」
 ログとは神機使いが任務に就く際に身に着けるレコーダーである。
 戦闘データの収集、任務時の行動の把握、発信機などの機能がある。
 指揮官は必ず身に着けなくてはならないが、司令部に監視されているようなものなので、他の隊員は敬遠するものが多い。
「どうしてあのような馬鹿げた作戦を立案した? お前は戦う者ではない、お前は率いるものだ。お前にはお前の戦い方があるだろう?」
 
 
 拍手ありがとうございます。
 
 

スポンサーサイト

01/13|ゴッドイーターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。