上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 信じること

 リンドウの腕輪の信号が見つかったとのことでエントランスに非常招集させられたヒデオ達。
 ソーマは特務があるため今日はお休みである。
 仕方がないのでつなぎを連れていくことにした。
 ヒデオはこの日のために昼はサカキのラボに入り浸り、夜は自室のターミナルでの情報解析というハードスケジュールをこなしていたため、完全に睡眠不足だった。
 朝食代わりに眠眠打破をがぶ飲みし、リッカのところによって神機の調整をしてもらっていたため、ヒデオがエントランスについたのは一番最後だった。
 メンバーが揃ったことを確認してから、ツバキが今回の作戦内容を話し始める。
「今回のターゲットから……、前リーダーの腕輪らしき信号が確認された」
 ツバキはぐるり、とヒデオ、アリサ、サクヤ、コウタの四人の顔を見渡す。
「目下調査中だが、おそらく……、先の戦いの相手だろう。苦しい戦いになるかもしれんが、現状の戦力を鑑みて、勝てない相手ではないと判断した。仇などという雑念を混ぜるな。くれぐれも慎重に戦いを進めろ、いいな」
 ヒデオは頷かない。
「リンドウ……やっと……やっと……」サクヤが悲痛に満ちた表情でそうこぼす。
 アリサとコウタも暗く辛そうに唇を歪めている。
 しかし、それでもヒデオは頷かない。
 そして、ため息をついてから、
「皆なんで勝手にリンドウさん死んだことにしてるんですか? ツバキさん、あなたもです」とあくまでも冷徹に言った。
「ヒデオ、認めたくないのは分かる。だが、現に腕輪の信号が確認されたんだ。楽観的に奇蹟にすがるな。お前らしくもない」
 ツバキの噛んで含めるような言葉にも、
 ヒデオは揺らがない、
 ヒデオは譲らない、
「あなたはその奇蹟を自分から手放す気ですか?」あまつさえそう聞き返した。
 ヒデオの一言で場の空気が反転する。 
「たった一人でアラガミの群れの中に取り残されたんです。腕の一、二本、安いもんでしょう」
「安いもんって……」サクヤが言葉に詰まった。
「僕達に戦場での生き残り方を教えてくれたのは誰ですか? 他ならぬリンドウさんでしょう。その彼がこんなにあっさりやられちゃうわけないじゃないですか。……それに僕達が信じずに誰がリンドウさんが生きていることを信じるというのですか?」
「でも、でも……」
 ヒデオの放つ炎獄のようなオーラが次第に暖かな春の日差しのようなものに代わっていく。
「とはいえ、できることといえば緊急用の退路の確保、応急キットの携帯、信号弾の常備くらいなんですけどね」
 ヒデオは柔らかく苦笑混じりに微笑んだ。
「ですが、腕輪の方は絶対に入手しなければなりません」
 そう言ったヒデオがあまりにも儚そうだったのでツバキは、
「お前は、大丈夫なのか?」と訊いた。
「負ける気はしませんよ」
「そういうことじゃ、ないんだがな」

「作戦開始です」
「あれ? 今日はバスターなんだ」
 ヒデオの装備がいつものショートではなくバスターなのを知ったコウタが訊いてきた。
「作戦的にバスターの方がいいんだよ」
「あ、でも、前より上手く使えるようになってるんじゃない?」
「僕だっていつまでも弱いままじゃいられないからね」
「そりゃそうか」
 雪降りしきる雪山でヒデオ達はターゲットのプリティヴィ・マータ(通称しろね子さん)との戦闘が始まった。
「サクヤさんは遠距離から狙撃、アリサとつなぎは僕の待機する場所への敵アラガミを誘導。できるだけ上方への注意を逸らさせてください」
「おう、分かった」
「分かりました」
「分かったわ」
 目標地点に誘い出したしろね子さんにヒデオは絶壁から飛び降りバスターブレイドでの渾身の一撃を打ち込んだ。
 
 
 拍手ありがとうございます。
 追記にて、
 Liteさん、黒さんにコメント返信があります。

>Liteさん
 コメントありがとうございます。
 憂鬱の自己紹介のシーンですね。
 初刊はインパクトが非常に強いです。
 僕も歌は歌えます。
 バリトンボイスですが。

>黒さん
 はじめまして。
 コメントありがとうございます。
 僕も何だかハルヒが読みたくなってきました。
 
スポンサーサイト
05/30|ゴッドイーターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。