上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 しろね子さん

 時間は少し遡る。
 ヒデオは通常任務を終えると自室に戻り、ターミナルでアラガミのデータベースを見ていた。
 ターゲットはしろね子さん。
 アリサとリンドウの一件で随分とお世話になった相手である。
 ヴァジュラの上位種だが雷属性を持たないのか。
 変異型、か。
 ヒデオは両目をすぼめる。
 敵の外見と調査隊が入手した様々なデータから、有効な戦術パターンを構築……、完成。
 ターミナルに映ったヒデオは第一部隊の誰にも見せたことのない残酷な笑みを浮かべていた。
 次にヒデオが向かった先はサカキのラボだった。
 ヒデオが考えた戦術を運用する際に必要な武装を作ってもらう必要があったのだ。
「ああ、ヒデオ君。いきなりどうしたの? まあ、コーヒーでも淹れるから適当に座っていてくれ」
 少し間をおいてからヒデオの前にコーヒーが置かれる。
「アポもなしに今日はどうしたの?」
「アポも何も博士はいつもラボにいるじゃないですか」
「それはそうだ」苦笑するサカキ。「随分と切羽詰まっている感じだね。夜もろくに眠ってないんじゃないのかい?」
「大丈夫です。神機使いの身体は普通の人間よりも頑丈ですから」
「身体はそうでも心はただの人間と変わらないよ」
 サカキはコーヒーを一口すする。
「僕に何か頼みがあったんだろう?」柔和に微笑むサカキ。
「ナパームを、作ってほしいのです」
 突然の要求に唖然とするサカキ。
「僕としてはそういう危険なものを作るのはあまり気が進まないのだけれどね」
「それでは、ぷちナパームを、作ってほしいのです」
 更なる要求に唖然とするサカキ。
「僕としてはそういう非人道的なものを作るのはあまり気が進まないのだけれどね」
「敵は人間ではありません」
「それはそうだ。よかったら事情を聞かせてもらおうか」
 ヒデオは考えた対しろね子さん用の策戦をサカキに話した。
「……君はまたよくそんなとんでもない作戦を思いつくね」
 それがサカキの素直な感想だった。
「そこまでする必要があるのかい?」
「そこまでしてまで勝ちたいということです」
「分かった。作ろう」
「ありがとうございます」ヒデオはサカキに深く一礼をした。
 それから、一度も振り返らずにサカキのラボから退出した。
「……ヒデオ君、君はとても悲しい子だね」ぽつりとサカキはそう呟いた。
 その言葉はヒデオには届かなかった。

 アリサ達と別れたヒデオは一人指定のポジションで敵アラガミがやってくるのを待ち構えていた。
「今から、そちらに追い込みます」
 通信機を通してアリサの声が聞こえた。
 ヒデオはしろね子さんの位置を確認すると、タイミングを計り高台から飛び降りた。
 迷いはない。
 狙いは――――脆性破壊。
 しろね子さんの背中には殻のようなものがあった。
 しかし、逆に考えるなら、その殻の下には柔らかい”保護されるべき”部位が存在するということである。
 加えて氷属性を保持しているということはその体温も低温であるということ。
 これを逆手に取る。
 低温域においては金属さえも脆性破壊を引き起こす。
 そのための破砕属性に特化したバスターブレードの選択。
 ヒデオの一撃が上方に対し無警戒だったアラガミの背部へと炸裂する。
 風鈴のような音がしてヒデオの読み通りしろね子さんの殻は砕け散った。
 ヒデオはすかさず携帯していたぷちナパーム爆弾の安全装置を外し、しろね子さんの体液が流れ出る背中にセットした。
 その際にしろね子さんの低温の外皮に触れてしまい指先が張り付いてしまうが、無視して指を引き離し背中から飛び降りると距離を取った。
 指先の皮膚が剥がれ血がぽたぽたとこぼれ落ちる。
 だが、そんなことよりも今は敵から離れることの方が重要だ。
「今です」
 ヒデオの合図とともにサクヤの炎弾の狙撃がしろね子さんの背中に命中し、しろね子さんは爆発炎上した。
 シールドを展開したヒデオだったが、あまりの爆風でその身体が吹き飛ばされる。
 雪原に赤い痕を残しながら氷の壁にぶつかるヒデオ。
 霞む視界の中で、己のしたことが信じられず呆然と立ち尽くすサクヤがいた。
 策戦成功。
 ヒデオは勝利を噛みしめた。
 
 
 
 
 
 拍手していただいた方、
 ありがとうございます。
 追記にて、
 Liteさんにコメント返信があります。

>Liteさん
 コメントありがとうございます。
 僕も学生時代は英語が得意ではありませんでした。
 文法はまだ何とかなるのですが、いかんせん語彙が貧弱すぎるのです。
 単語の暗記が苦手です。
 苦行です。
 
 
スポンサーサイト
06/02|ゴッドイーターコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。