上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

こんにちは。 トラックバックテーマ担当の水谷です。今日のテーマは「マヨネーズをかける食べ物と言えば?」です。水谷は、マヨネーズが好きなので色んな食べ物にマヨネーズをかけて食べます。定番ですが、お好み焼きやたこ焼きそして焼きそばにかけるマヨネーズは美味しいですね!サラダにかけるマヨネーズもさ...
トラックバックテーマ 第1241回「マヨネーズをかける食べ物と言えば?」



僕にとってマヨネーズという調味料は戦術兵器のようなものである。
食卓という戦場ではときとして不得手とする敵と相対することもある。
スルーし残すという手段も無くはないが、場の空気的に残し辛いときもあるし、そういうときに限ってやつらはやって来るのである。
「もっと別に行くとこあるだろ。僕のところに来て君たちが得することは何もないんだよ」
と、何度力説しても彼らは分かってはくれない。
「僕の目をよく見ろ。これがやって来るだけの価値がある人間の目かっ!」
そう言っていざ帰られると地味に傷つく僕だが、そんな僕が二十数年の年月をかけて編み出したのがマヨネーズである。
別に僕がマヨネーズを開発したわけではないが、”マヨネーズを戦術的に運用する”という体系を考えたのが僕なのです。
この戦術兵器の登場によって戦況は一転した。
マヨネーズという調味料を使うことによって僕の食べられる(厳密には頑張れば食べられる)ものの幅が飛躍的に向上した。
だって、あいつは水と油が融合しているのですよ。
ここで、管理人が具体的にどのようにマヨネーズを食卓にて運用しているのかを説明したい。
僕の場合、使う量を躊躇わない。
油絵のように上からマヨネーズの味で塗り潰すように大量にかける。
僕は温野菜が苦手なのだが、それを食す際のリミッター外しに使うのである。
もうマヨネーズの味しかしねえよ、という状況を生み出し一気に食べ尽くす。
漢方薬を飲むときのリミッター外しに炭酸飲料を使うみたいな感覚である。
また、僕は偏屈な人間のため、お好み焼きにはマヨネーズをかけるが、たこ焼き、焼きそばにはかけないという不思議現象を患ってもいる。
繊細な味覚を保有しているといえば聞こえがいいが、僕は極度のプラシーボさんなので、間違えなく偏見で区別していると言っていいだろう。
(その繊細な味覚、一時期毎日ハバネロを食べていました)
しかし、改めて場の空気的に残し辛いということを考えてみると感慨深いものがあった。
というか、そういった環境が当たり前と思っていた自分はなんと愚かだったのか、と。
オンリーワンをとっくの昔に通り越しロンリーワンへと至ってしまった僕ならばそう思う。
なんかもうマヨネーズ関係なくなってきているが、要するに僕が言いたいのは「友達は大切にしましょう」ということです。
 

 拍手してくださる方、
 ありがとうございます。
 
スポンサーサイト

07/23|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。