上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 先日、i-phonさんを失った僕。
 しかし、データはちゃんと家のPCにバックアップを取っていたので、今後の日常生活に支障はないと思っていた。
 だがそれは甘かった。
 なんとiTunesには恐るべき罠が仕掛けられていたのである。
 それは自動同期という呪われしシステムである。
 データを回復することで頭がいっぱいだった僕は、いきなりi phoneをPCに繋いでしまったのである。
 USBを差すやいなやi Tunesが起動。
 データの書き換えが始まった。
 このとき僕は何が起こったのかわからなかった。
 白紙のデータが上書きされる。
 当然のことだが白紙のデータを復元してもi phoneは白紙のままである。
 何度かUSBを抜き差ししてもデータは戻らない。
 いったんデータの復元を棚上げしておいて、ネットで対処法を探していると自動同期の項目が目に付いた。
「ちょっ、マジで……」
 僕の背中を冷たい汗が流れ落ちる。
「これ……、ヤバくないか」
 心拍数が自分でもわかるほど跳ね上がる。
 頭の中が真っ白になる。
 バックアップ履歴はi phoneを何度も抜き差ししたせいで、白紙の履歴でいっぱいで埋め尽くされている。
 i-phonさんを失いあまつさえデータさえ失う。
 僕の心を絶望感が満たしていく、それが半笑いの口から零れていく。
「終わった…………」
 僕はばたりと床に倒れこんだ。
 何も写らない瞳で中空を眺める。
「明日から仕事どうしよう……。別にどうでもいいか……」
 完全に諦めた僕だった。
 だが、それでも、希望は残されていた。
 バックアップ履歴の一番下、日付の書かれていない項目をクリックしてみた。
 そこには……。
 昨日のデータが残っていた。
 i-phonさん、……君はこんなところにいたんだね。
 早速データを復元。
 亡くなる前のi-phonさんに入っていたデータを僕はなんとか取り戻すことができた。
 これからも僕は君と一緒に仕事をしていくよ。ひとりごちた。
 i Tunesをお使いの方は自動同期をきっておいた方いいかもしれません。

 拍手してくださる方、
 ありがとうございます。

スポンサーサイト

05/26|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。