上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
 かの親戚のおじさんにまたしてもお寿司に連れて行ってもらった。
 今回は途中寄って行く場所があり、晩御飯だというのに3時20分に出発である。
 途中でかの女性と合流を果たした僕たちはまだご飯には早いのではないかということで、無意味に車で道路を走った。
 こういうことをするから地球が温暖化するのですよ。
 道中おじさんと女性がお金や家庭環境の話をしだす。
 あまりにもヘヴィーな会話に参加できない僕。
 一体なんと言えばいいというのだ。
 車に乗っているときに本を読み出すと会話を拒絶している感が出てしまうため、今日は本を持ってきてない。
 携帯をいじってみても僕は連絡を取る相手がいないので無意味だし。
 これが知らない人だったならたいして気にもしないのだが、残念ながら相手は知り合いである。      
 僕は他人と同じ空間にお互い無言で一緒にいることは苦痛ではないが、会話を振られるかもしれない状況で一緒にいるのは結構キツいものがある。
 車の中という密室空間。
 これは針のむしろ、否、むしろ針地獄。
 その地獄が8時まで続いた。
 僕はその日はお昼を食べていなかったのだが、そんな僕の食欲も3割減である。
 お店に着きテーブルに通される。
 今回は空腹だったこともあり割と大胆にお皿を取る僕だったが、僕はやはり僕なので頑張ってみても下から3番目の値段の皿が限界だった。
 そして忌むべき時が再び僕の元を訪れる。
 女性がまたしても揚げ物系を「お腹いっぱいになったから残り食べて」と言ってきたのである。
 エビフライ巻きである。
 いつからそんなものが出まわっているのか。
 進化の方向が間違っているのではないか。
 フライヤーの油は毎日換えているのか。
 いくつもの言葉の断片が僕の脳裏を走馬灯のように駆け巡っていく。
 そして僕は、限界の向こう側を垣間見る。
 途中お冷を求めて席を立ち挙動不審でいる僕に、ベテランのおばちゃん店員の人が名探偵の如き推理力で僕が何も言う前にお冷はアチラですと教えてくれた。
 家に帰ったのは9時過ぎですよ。
 
 そして最も悲しいのはフライドポテトを一番美味しいと感じる僕の味覚だった。
 
 この記事は回るお寿司の続編です。
 
スポンサーサイト

04/23|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
FC2カウンター
現在の閲覧者数
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ドラクエ風xxxがあがった!
flash boreal kiss
プロフィール

トキワ

Author:トキワ
FC2ブログへようこそ!
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

フリーエリア


ダンジョンRPG検定

最新記事
最新コメント
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙
【東方】博麗ちゃんの賽銭箱
十六夜咲夜の大きな懐中時計
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
インなんとか
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
地球の名言

presented by 地球の名言
黒メイド時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。